深堀隆介展 「麗微動 -libido-」
FUKAHORI Riusuke solo exhibition



■会期:2010年6/12(土) -7/4(日)
■アーティストトーク: 2010年6/12(土) 4:00pm-6:00pm
■開廊時間: 11:00am-6:00pm(金曜日は8:00pmまで)
■最終日: 〜5:00pmまで
■定休日: 火・水
■お問い合わせ:GALLERY IDF
TEL:(052)-702-1206 / FAX:(052)-703-6144
info@gallery-idf.jp

麗微動  あなたを食べ
90.0×45.3×14.5cm
パネルに和紙. アクリル絵具. 顔料
2010

麗尾動  をちみづ
49.0×60.0 (72.5)cm
木板. アクリル絵具
2010

他の作品を見る

■artist comment
金魚の発情期は壮絶なものだ。
春になると雄は、体中にエネルギーをみなぎらせ、雌を追いかけまわす。
水槽の中で昼夜を問わず何日も追いかけまわすその姿は、いつもの彼ではない。
何かに取り憑かれたようだ。雌はところどころ鱗が剥がれ落ち、
体を傷つけながらも必死に逃げ回る。そして、いつしか雄を受け 入れる。
金魚のこれはリビドー(性欲)と呼べるのであろうか? 
でも確かに、あの時の彼は、僕の中にあるリビドーと同じように見えた。
「女性崇拝と凌辱」。
僕の中の二つの欲情が溶け合いスパークして、崇高で麗しい金魚が生まれる。
そうして描かれた金魚は微かに動いている。幻覚ではない、そこに生きているのだ。
(深堀隆介)

■from GALLERY IDF
金魚に憐れみと愛情の感情を持ち、モチーフとして金魚のみを選び、
代表作金魚酒に見られる、樹脂を枡などに流し込み、その上に描き、それを繰り返し、
本物の金魚が枡の中に泳いでいるかのような独自の技法を確立し、
また流れるような筆さばきで彼独自の金魚を次々と生みだしています。
IDFでの5回目となる今展示では”麗微動〜libido〜”と称して
金魚の性欲に視点を当て描いた新作を発表致します。(IDF)

■プロフィール
1973年 愛知県生まれ
1995年 愛知県立芸術大学美術学部メディアデザイン専攻卒業
主な賞歴
1995年 愛知県立芸術大学卒業制作・片岡修賞
2001年 京都嵯峨芸大アートコンペ・特別賞
2004年 ターナーアクリルアウォード・今井祝雄賞
2006年 第9回岡本太郎現代芸術大賞展・入選
主な個展
2004年 新幹線名古屋駅地下街エスカ特設会場(名古屋)
2004年 東京国際フォーラム・アート・ショップエキシビション・スペース(東京)2010
2005年 松坂屋本店Mキュービック(名古屋)
2009年 ガレリエ・アン・デル・ピナコテーク・デル・モデルネ(ドイツ)
2006年〜毎年 GALLERY IDF(名古屋)