有限会社 IDF
代表取締役 竹松千華
〒465-0051
名古屋市名東区社が丘1-201 IDF ビル
TEL:052-702-1206/ FAX:052-703-6144

=====
■GALLERY IDF
■IDF-mini
〒465-0051
名古屋市名東区社が丘1-201 IDF ビル2F
TEL:052-702-1206/ FAX:052-703-6144
http://www.gallery-idf.jp
info@gallery-idf.jp
OPEN:11:00~18:00
CLOSE:火曜/Tue(展示期間以外はお問い合わせ下さい)
=====

IDF-ANNEX
〒465-0051
名古屋市名東区社が丘1-108
TEL:052-702-1206/ FAX:052-703-6144
http://idf-mini.shop-pro.jp/
shop@gallery-idf.jp
OPEN:11:00~18:00
CLOSE:不定休 (GALLERY IDFまでお問い合わせ下さい。)


地下鉄東山線本郷駅1番出口・徒歩3分
東名高速名古屋インター・下車2分
(ギャラリービルの横に3台駐車場有り)




■社歴
1969 年 前身である有限会社 フジタ工業デザイン(IDF)設立
2002 年 有限会社フジタ工業デザイン内にギャラリー部署 設立。
〜2005 年 当初は常設/ 企画/ 貸し(一部)として始動。
--------------
2005 年 竹松千華 ギャラリー代表に就任。
2005 年 若手作家を取り扱うプライマリーギャラリーとして運営を開始。
2008 年 有限会社 フジタ工業デザイン から 有限会社 IDF へ社名変更
2006 年 愛知県公安委員会許可 美術品商 第541420601900 号 取得
2013年 竹松千華 代表取締役社長に就任

■主な活動
2006 年〜2007 年 東急ハンズ名古屋店 work shop Direction 担当 
2007 年 ヒルトン名古屋 Art&Dine SEASONS 年間 Direction 担当
2007 年 アートフェア:Tokyo Contemporary Art Fair 2007 (東京)出展
2008 年 アートフェア:ART OSAKA 2008 (大阪) 出展
2008 年 アートフェア:Art Taipei 2008 (台湾) 出展
2008 年 アートフェア:Tokyo Contemporary Art Fair 2008 (東京) 出展
2009 年 アートフェア:YOUNG ART TAIPEI (台湾) 出展
2009 年 アートフェア:ART OSAKA 2009 (大阪) 出展
2009 年 アートフェア:Tokyo Contemporary Art Fair 2009 (東京) 出展
2009 年 アートフェア:Lineart 200 9(ベルギー) 出展
2010 年 アートフェア:AHAF HK (香港) 出展
2010 年 アートフェア:アートフェア京都 (京都)出展
2010 年 アートフェア:エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ003」(東京)出展
2010 年 アートフェア:+PLUS Tokyo Contemporary Art Fair 2011 (東京)出展
2011年 アートフェア:アートフェア京都 (京都)出展
2011年 アートフェア:ART NAGOYA 2011(名古屋)出展
2011年 アートフェア:VARIA NAGOYA ART FAIR(名古屋)出展
2011年 アートフェア:+PLUS Tokyo Contemporary Art Fair 2011(東京)出展
2012年 アートフェア:アートフェア京都 (京都)出展
2012年 クリエイターズマーケット招待参加
2012年 アートフェア:ART OSAKA 2012 (大阪) 出展
2012年 アートフェア:ART NAGOYA 2012(名古屋)出展
2013年 アートフェア:SNIFF OUT 2013(大阪)出展
2013年 アートフェア:ART NAGOYA 2013(名古屋)出展
2014年 アートフェア:ART NAGOYA 2014(名古屋)出展
2015年 アートフェア:ART NAGOYA 2015(名古屋)出展


現在プライマリーのギャラリーとして若手ARTISTの発掘、マネージメント、展覧会の開催、
国内外のアートフェアへの参加を通して取扱い作家の紹介に努めています。
「縁、絆」といったARTIST達とのパーソナルなリレーションを大切にし、
確かなスキルと、日本人ならではの繊細さの中にあるパワフルな個性を持つ若手作家を取り扱っております。
このすばらしいARTIST達のポテンシャルを共感していただきたいと思っております。